カードローンで在籍確認の電話なしで借りる方法とは?

会社への電話連絡なし、つまり書類だけで在籍確認が取れるカードローンがあるんです!

カードローン女性画像

在籍確認の電話なしカードローン
公式サイトから書類で在籍確認を選ぶだけ

 

プロミスなら、公式サイトで書類による在籍確認か、電話による在籍確認かを自分で選べるので、実質上は会社への電話による在籍確認なしのカードローンができます。

 

上記のネット申し込みなら審査が早いので、土日などの休日でもすぐに即日融資なども可能。
急ぎで借りたいときのカードローンとしておすすめ!
在籍確認の電話の代替として提出する書類の内容は・・・

ポイント 会社員などの場合:社員証や健康保険証
アルバイト、派遣、主婦、学生、パート、内職、自営業など:給与明細や収入証明書

これらの書類を写メして画像アップロード送信!

できない場合はFAXか郵送でも可能。(郵送の場合は日数がかかりますので要注意)

 

このように会社員じゃなくても、派遣やアルバイト、主婦でも在籍確認の電話なしでカードローンができるので安心!

カードローン審査、在籍確認についてもっと詳しく!

職場への在籍確認の電話は個人名でかかってきます!
消費者金融の名前は一切名乗らずにかかってくるので、カードローンが勤務先でバレる可能性はありません!

「もしもし。私、山田と申しますが、斉藤さんはいらっしゃいますか?」

キャッシングやカードローンなどの申込みをして、その審査に大体通ると最後のステップとして勤務先にこのような在籍確認の連絡がきます。

 

自分が出ても、不在で同僚などが電話を受けてくれてもどちらでも在籍確認の審査が完了したことになり、めでたくカードローンの契約完了となるのですが、この連絡が会社でバレないか不安になりますよね。

 

やはり、勤務先に電話をかけられるのはうれしいもんじゃありません。

 

「どんな風に電話がくるのか?何をどれだけ聞かれるのか?」

 

「職場の人に金融業者からの電話だとばれてしまうのではないか?」
色々と疑心暗鬼になってきますよね。

 

そこで、実際に当サイト管理人がカードローン審査を在籍確認の電話なしでしれっと通過できたカンタンな裏技?など、もっと詳しい「在籍確認の電話審査」についてコツをアドバイスいたします!

そもそも在籍確認はどうしても必須なの?

やはり一番気になるのが、在籍を確かめることは本当に必須なの?ということではないでしょうか。

 

結論をまずいえば在籍確認はカードローンの審査に欠かせないものです。

 

消費者金融だけでなく、クレジットカード、銀行などどれをとっても金融業者でお金を借りる際には、審査時に在籍を確かめることは必ず行われます。

 

ですが、最近ではプロミスなどをはじめとし、電話連絡による在籍確認以外の方法で、在籍の有無を調べられるようになったので、実質上は在籍確認なし、といいますか、勤務先への電話連絡なしでカードローンができるようになったのは間違いありません。

 

プロミスでは、電話での在籍確認の方法に関してお客様からの要望があれば電話以外の方法について相談に乗ってくれます。その際、お願いするタイミングは、カードローン申込完了後すぐの相談が理想的です。

カードローン消費者金融についてよくある質問

カードローンの審査で勤務先に連絡があった時に本人が出たらどうなりますか?

在籍確認の電話確認に本人様が電話対応されても問題ありません。その場合はフルネームの確認と、そして生年月日など簡単な質問だけです。これでカードローンの在籍確認審査は完了です。その事も電話で伝えられるでしょう。会社の電話としてマズいということで携帯にかけ直してもらうこともできます。最終的には借入可能額も伝えられます。

専業主婦の場合、夫に内緒でカードローンをするのは無理?

そうですね、専業主婦である場合は無職扱いとなりますので、カードローンをする際には旦那さんの与信つまり、勤務先や年収などの審査が行われることになります。ですので、旦那さんに一切バレずにカードローンをすることは難しいかと思われます。どうしても秘密で借りたい場合であれば、短時間のパートなどでもいいので、なにかしらの収入を得ることをおすすめします。そうすることにより自分名義で与信審査を行うことができるので、旦那さんにバレる可能性はまずありません。

勤務先にかかってくる確認電話は契約が完了した後もかかってきますか?

在籍確認の審査の為にかける必要のあった確認電話はその1回のみになります。その後も勤務先に電話がかかってくる可能性としては、返済が遅れた場合になります。といっても、返済が遅れていることで消費者金融側から連絡があるのは、順序があります。まずはメール、携帯、その次に自宅の電話、そして最後に勤務先という順番になると思います。早い段階でメールや電話対応を怠ると、確実に勤務先に電話がかかってきますので気をつけましょう。それでも、消費者金融は名乗ることなく、担当者の個人名でかかってきます。

クレジットカードを2枚所有していますが新規でカードローンを申込むことは可能ですか?

クレジットカードの場合は、通常のショッピングでのローンは総量規制の対象になりませんので、カードローンを申込むのに影響はありません。ですが、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りている場合は総量規制の対象になってしまい、申込むのに影響があります。影響というのは年収の3分の1までしか借りることができないということです。年収の3分の1から、さらにクレジットカードのキャッシング枠で借りている額を差し引いた額が、新規での借入可能額ということになります。

学生ですが消費者金融のカードローンでお金を借りることはできますか?

学生の方でもアルバイトなど、安定した収入があるお仕事をしていれば申込みは可能です。ただ、年齢制限があります。20歳以上でないと消費者金融を利用することは出来ません。

勤務先への在籍確認の連絡なしをお願いしたら審査が厳しくなったりしますか?

在籍確認の電話連絡をなしにしてもらうことで審査が厳しくなるようなことはありません。在籍を確かめることに関しては消費者金融側も想定していることですし、なにより審査の基準は決まっていますので、ちょっとしたことで厳しくなったり甘くなったりすることはありません。在籍しているかどうかを証明することができれば良いので、消費者金融側も想定内のことです。勤務先の情報はとても大事です。また身分証明書も収入証明書もしっかりと用意できればそれだけ審査がスムーズに進みます。それだけ勤務先に在籍しているかを証明するのは大事なんです。

在籍確認の電話連絡をなしにしてもらうタイミングはいつ?

申込み完了後すぐに、消費者金融の担当者に相談することで、在籍確認の電話連絡について考慮してくれます。職場に連絡されたら困ることをしっかりと伝えましょう。

主婦ですがカードローンを利用することはできますか?

主婦の方でもパートやアルバイトなどで働いていて安定した収入があればカードローンを利用することは問題ありません。ですが専業主婦の方は本人の収入がない状態ですのでカードローンでお金を借りることはできません。総量規制により消費者金融の場合は年収の3分の1までが借入れが可能ということになりますので、無収入の方は新規申し込みはできません。総量規制対象外の銀行系カードローンであれば、借入れ制限付きで専業主婦の方でもカードローンが可能です。

消費者金融でカードローンをする場合、担保や保証人は必要ですか?
いいえ、担保も保証人も必要ありません。それが必要ないのが消費者金融の申込みやすさです。どちらも第三者に知られてしまう可能性があります。ですが、消費者金融ではお客様のプライバシーに配慮して知られたくない人には知られないように気をつけてくれます。
「お借入診断」で問題なければ審査に通りますか?
お借入診断でわかることは「年齢制限」と「総量規制の対象」のふたつだけです。未成年であれば間違いなく申し込みはできません。また、すでに他社からの借入れがあって、それが年収の3分の1を超えている場合は申し込み後の審査は厳しいものとなるかもしれません。それから、審査は他にも重要な事が幾つもあります。例えば勤務先に在籍しているか、その情報に間違いはないかなど。お借入診断はあくまでも入り口だと思って下さい。ご自身の個人情報や勤務先の情報、そして身分証や証明書、そして過去の金融機関の利用履歴など、様々な情報を元に審査が行われます。
派遣社員ですが、派遣の場合は在籍確認の電話ってどこにかかってくるのでしょうか?
派遣で勤務されてる方は、基本的には派遣元登録会社に在籍確認をいたします。稀に派遣元が都合悪く、職場のほうに在籍確認の電話を希望したいという方もいらっしゃいます。そういったリクエストも相談可能になっています。

 

なぜ派遣元のほうに在籍確認の電話をするかと言えば、実際に本人にお給料を払っているのが派遣元になるからです。金融側としてはお給料を出してる会社に在籍確認の審査をするのが基本といえます。

スマホなどの携帯電話の料金の延滞をしていました。そういった支払い状況がカードローン審査にも影響するって本当?
携帯電話の支払いなどが審査に影響するのは事実です。消費者金融は信用調査機関のデータを元に審査を行っていますので、携帯などの支払いが3か月以上延滞してしまうと、その事実が信用機関に掲載されてしまい、すべての信用度がマイナスになってしまいますので要注意です。ですが、逆に3か月未満であればセーフなので審査に影響はありません。

 

在籍確認不要 カードローン

消費者金融カードローンの口コミを紹介

はじめて消費者金融で不安だったが、いつも使っているスマホから申込みができるのはちょっと安心。最初の申込みから、最後のお金の振込みまで全部スマホでできるのが凄い。途中、スマホに電話がかかってきても、メールのやり取りも、写メを送っても、でもずっと同じ場所から変わらず。ちなみに公園のベンチ。周囲からはスマホでゲームやってるようにしか見えないだろうな。
(大田区・26歳・男性)

 

アルバイトをやっています。バイトの休憩時間に、ネットから消費者金融の申込み。審査がどんどん進んで次は「在籍確認の電話」という段階に。アルバイトの職場に電話をする時間を尋ねたら、逆に何時が良いか聞かれ、自分がいる時間を伝えると希望の時間にかかってきて電話対応。本当に担当の人が個人名でかけてきてくれたので、フルネームと生年月日を聞かれ、それで審査は終了ということ。これが在籍確認というやつ。後は、自分の銀行口座に振り込む手順を教えてもらっいおわり。審査ってこんなにもスムーズなんだ。
(町田市・24歳・男性)

 

はじめての消費者金融カードローン。電話で問い合わせるとイメージと違ってとても丁寧。問い合わせというか相談も含めて話をしてたはずが、そのまま審査への流れ。途中からスマートフォンを持っているからアプリで写メ撮って送ってもう一度電話。とてもスムーズに契約。勤務先に在籍しているかどうかの話もあっさり進み、問い合わせてから約30分後には契約完了。カードローンの引出しもその日のうちに出来たのは助かりました。
(市川市・31歳・男性)

 

消費者金融のカードローンはとにかく審査が早いので今すぐにお金が必要って時に良いだろうね。そんなに大きな額の借入でなければ本当に即振込みっていうくらい。高額のカードローンなら銀行系が金利が低くて良いのは間違いないんだけど、審査の早さでは消費者金融カードローンには敵わない。少額の借入希望額で、尚且つ勤続年数が長いと在籍確認の電話連絡も免除してくれるかも。自分の時は相談して大丈夫に。
(大田区・33歳・男性)

 

大手の消費者金融はほとんどどこも変わらないだろうと思ったけど自分が選んだのはプロミス。ネットで調べてみて銀行カードローンに比べると消費者金融の審査は早いからすぐに借り入れ希望の人はオススメだって。金利が高く付くのは仕方がないけど、何百万も借りるわけではないので金利はそんなに影響はないだろうから、消費者金融のカードローンに決定。
(江東区・28歳・男性)

 

家内と相談してカードローンのお世話になろうと思い、低金利の銀行のカードローンにするかすぐに借り入れができる消費者金融のキャッシングを選ぶか意見が分かれたが、支払期日が迫っていてゆっくり選ぶ時間はなく、まずは消費者金融でキャッシング、さらに銀行カードローンでの融資で、消費者金融の返済に充てるという方法をチョイス。実際、消費者金融は素早く、当日には振り込みが完了。無事に支払いを済ませることができて安心できて、銀行カードローンを申込み。こちらはやはりちょっと時間がかかりますね。消費者金融では在籍確認の審査で電話はなしにできたのに、銀行カードローンのほうはそれはできず。
(横浜市・34歳・男性)

 

今すぐお金を借りるのなら大手の消費者金融のアコムでしょう。審査は早いし、カードもすぐに受け取れるし、カードローンのしやすさ、返済のしやすさも。サービスは普通かな。悪くはない。金利が高いというのは確かだが、無利息期間というのを利用すればそれもクリア。期間と言っても30日間というのは短いけど、すぐに借りてできるだけ早く返済。本当に困っている時には助かる存在。
(小金井市・29歳・男性)

 

低金利で選ぶつもりで銀行カードローンにする予定。でもすぐに借りれて、お金を借りるというリスクに配慮してくれるサービスが充実している消費者金融を選ぶことに。事情説明すれば在籍確認を回避可能なことも、自宅への電話や郵便物がないのもお店に行かなくても申込みができるのも、契約書がネットで会員ページを閲覧可能なことも、カードを受け取る前にお金が借りれるのも、消費者金融ならではの借りる側の事情を汲んでくれてるサービスだと感じる。安心して借りれるとはこういうことなんだね。
(川崎市・33歳・男性)

 

通勤途中の電車でスマホいじってたら消費者金融のサイトに行き着いてそのまま借入れ診断とかやって気がつけばいつのまにかカードローン申込み完了に静かにびっくり。まぁ、その月の生活費が苦しかったのもあって、はじめての消費者金融、いつかは利用しなきゃと思ってたし。申込んでからの流れも早い。消費者金融の担当者と昼休憩に電話でやり取りして、午後には自分あてに電話がかかってきて、対応したら名前と生年月日の確認。これが在籍確認か、とひとりで納得。電話は本当にすぐに終わり。短すぎる電話に同僚に不思議がられたくらいかな。基本的なやりとりはメールが多い感じ。んで契約完了。スマホで自分の口座にお金を移動。仕事の帰り道にコンビニでお金を降ろしそうになるのを我慢して、支払いにあてる。これ、1日の出来事。
(杉並区・29歳・男性)

 

今まで馴染みのなかった消費者金融にはじめて申込んだ。イメージは良くないのが正直なところだけど実際に担当の方と電話で話をしてみてとても丁寧で印象は変わった。カードローンと言われてもピンとこないがキャッシングならしっくりくるが同じ意味らしい。職場に電話がかかってくるのは大丈夫かと聞かれるも問題ないと返答。在籍確認というらしい。10万円借り入れ希望と言うと厳しいのかもしれないと思い5万円を希望。その日のうちに5万円キャッシング。助かりました。
(調布市・28歳・男性)

 

貯金はあるが定期預金なので崩すつもりはない。、しかし重なった出費のため今月の生活費が足りなくなってしまった。次の給料日にはなんとかなりそう。以前だと親とか友人にお金を借りるところだった。しかし、今は消費者金融のカードローンという強い味方がいる。必要な額だけ借りたいと申込んだ。審査は問題なく終了。契約後、借入可能額は50万円とか言われたけど必要ないしそんなに借りるの怖いし。なので必要な額だけ。しかも1回で返せる額しか借りないよ!しかし貯金があるのに消費者金融でお金を借りる人っているのかな。
(船橋市・31歳・男性)

こちらのサイトでは以下のHPを参考にしています。
金融庁関東財務局全国銀行協会